株式会社倉府食品の理念

  • 全従業員の物心両面の幸福を追求する会社
  • 真実を追究し社会の進歩発展に貢献する会社
  • 国民主権・基本的人権の尊重・平和主義を主張し続ける会社
  • いかなる時代環境が変化しても存続する会社

ごあいさつ

当社は1977年4月に鹿屋倉府食品として設立され、基本に最終ユーザー得意先へのダイレクト(直接)販売をモットーに、主に冷凍食品その他の食品の販売を主に行って来ました。1988年には、(株)倉府食品鹿児島と商号変更し鹿児島市に進出、1992年には、宮崎に営業所を開設し現在に至っています。今日、日本経済は成熟化し、これから21世紀の高齢化社会に向かってビジネス拡大はより困難な試練を迎えようとしています。企業も食に携わる社会的重大な責任を持ち、すべての事柄に疑問をもち真実の追及をモットーに企業倫理の確立に邁進します。そして、九州全域を視野に入れて7の責任(得意先・社員・仕入先・銀行・社会・株主・自己)を全うしたいと思います。何卒一層ご支援と、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役倉園 建

物流理念

世界材発信

海はどこまででも続き、大地が空が果てしなくつながり国と国、人と人が行き交いながら互いの文化に触れ親しんでいく地球という星。食文化においても、情報化時代とともに世界各地のさまざまな料理や食材が知られるようになり、私たちの食に対する考えや欲求は日々進化しています。でも、料理の本来のうまさは食材にあり。今も昔も変わらないこだわりです。倉府食品は日々、世界から安心して食べていただける商品を厳選しお届けしています。つくる人、食べる人、誰もに喜んでいただけるような食文化のために…。

世界地図

現在の食に関わる業界はますます多品種・多様化しています。私たちは、これらのあらゆるニーズにお応えし、今まで以上に世界各地をネットワークにより、良質で安全な商品をご提供できますように物流体制の充実に努力しています。

品質方針

当社は海外から年間100コンテナ超の商品の輸入をしております。すべての海外からのコンテナが国の厳しい検査を受けて通関を通っていますので安心して取り扱いをしております。全ての工程において、自発的に安全、安心を実現し、常にお客様の満足を得られる品質を提供することに全力で挑戦いたします。

より良質な食材を求めて

国内・海外を問わず倉府食品のスタッフは、より高品質な商品の商談及び商品開発に日々汗を流しています。

世界各地から食材を提供

世界へ広がる倉府のネットワークの中で商品の輸送は、航空・船による慎重な輸送体制で行われています。

安全確実な商品管理

確実な商品の受注・発注・管理はなにより大切な仕事です。それだけに的確・迅速な対応でお客さまとのコミュニケーションに努めています。

求められるニーズに的確に対応

お客様への商品案内には、専門のスタッフにより、お客様の業種や用途に合わせたより高品質の商品の提案を続けています。

万全の管理からよりよい商品を

商品の管理は入念に行われ、ひとつ一つの大切な食材は、ひとり一人のスタッフの的確な積みおろしによってお客様のもとへお届けしています。

常にお客様本意の配送体制

私たちの仕事に対する考え方は、第一にお客様の身になって商品をお届けすることです。ですから、搬入前の入念なチェックは欠かせません。